絵が上手くなる方法は「描く練習」以外にコツがあるので紹介するわ

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

絵を描く人にとって上手くなりたいっていうのは共通の願望じゃないかなと思います。

最初は誰もが下手で、自分の想像と理想のギャップに落胆して描くのをやめる…って人が多い気がしてて、ここが分岐点で周りに褒めてくれる人や一緒に楽しんでくれる人がいた環境にいた人がそのまま絵を仕事にしたりするのかなぁと感じます。

ライオンの群れがいる環境に身を置くことで強制的に職業にした猛者もいるけど

そういった「描く」以外の要素が絵が上達するのに大事なことだったりして…。

で、絵が上手くなりたくて絵を書いてても壁にぶつかる時が来るんじゃないかと思うので一歩引いて客観的にやり方を見つめ直してもいいんじゃないかなぁと。

そこで今回は上達するのに描く」以外にも有効なことをまとめました。

俺は基本的に練習嫌いなんですが、最初に結論を言うと脳の性質を上手く利用したり、自分の意志力を使わずに「仕組みを作る」のが絵を上達させるコツです。

ちなみに俺自身は絵に関する仕事をしてる人でギャラリーから他にどんな絵を描いてるか見れるよ

ギャラリー過去の作品一覧

ライオンの群れに突っ込んで強制的にレベルアップ

これは具体的にどういうことかと言うと自分の身の丈に合わないレベルの高い環境に身を置くということです。

プロフィールにもちょろっと書いてますが藝大に入るために予備校に通ってた時期があって、これが役に立ちました。

さだぢ
結局藝大入れなかったけど

 

この予備校というのが藝大の合格率が一番高いレベルのところで、藝大目指すだけあって全国の高校から超高校級の人達が一堂に集まる場所でした。

それに対して俺はというと…。

絵なんかラクガキ程度にしか描いたことがない。

高専出身なので美術の授業もない。

中学まで遡った成績でいうと5段階で2くらいの評価。

例えるならライオンの群れに紛れたヌーのような感じ?

これがとても効果がありました。

半ば強制的に上手くなったわけですが、自分よりレベルの高い環境に身を置くと自分もそのレベルまで引き上げられるのでは?と思って俺以外にも0からスタートした人は少なからずいて、その人達を見てもほぼ全員上手くなってたのでこの考えに確信を持って環境の力は使えるなと。

ちなみに一部の上手くならなかった人達は大体サボったり、途中で来なくなったりした人達でした。

なので素人でもレベルの高い環境に身を置けば嫌でもそのレベルまで引き上げられます、逃げなければ!

さだぢ
俺は途中で抜けたけど通った分上達したで

 

絵を作る力の基礎は予備校で培いましたが絵の基礎鍛錬のために美術予備校に学びに来るプロのイラストレーター、デザイナーって案外いるし時間とお金があるならオススメです。

【裏技】絵の初心者でも確実に上達する「環境」についての話

2017.08.03

描くのが面倒だったら検証厨になるのもアリ

rakuuma_02

検証厨の意義は…

これは絵を描くことより他人の絵を検証することに軸を置いてました。

なぜなら!

描くより楽だし!

楽だし!

絵が上手くなるメカニズムって描いてるから上手くなるのではなくて気付きが増えること、つまりインプットが増えることで上手くなるのでは?という考えの元にやっていました。

絵を描くのが面倒くさい時期があって楽にインプットする方法がないか考えた結果、他人の絵でも自分の絵でもいいので作業工程からデザインに至るまでなんでもいいので毎日1つ発見する意識を持ってました。

この時のポイントが気付きを言語化することで自分語でいいのでスマホに日付でメモに記録してました。

で、これが実際に効果があって。

観察した結果と自分の認識のズレに気付いた時上手くなる

実はこれってデッサンでいうところの「観察」にあたる行為と同じなので「見て考える力」が養われるので結構使えます。

さだぢ
練習が好きじゃない人に向いてる

デッサンをなぜやるのか藝大を志し半ば挫折した俺が考えてみた

2017.04.19

イラストの構図やラフ作業で重視してるコンセプトアートの考え方

2017.05.28

絵を描く気になったら

怠惰な自分は検証で終わることも多々あって…。

ただ描く気力が出てからやったことは検証した絵の模倣です。

  • 比率
  • 構成
  • シェイプ(形)
  • 立体

なんでもいいから片っ端から気付いたこと、読み取ったことを言葉に書き起こして、その読み取った言葉を意識して模倣しました。

このとき最大のポイントは色写し形写しにならないことで、仕組みを真似できてるか、再現性がある絵が描けてるか、を答え合わせする感覚で描くことです。

そして描いた絵と模倣した絵を比較した差、気付いたことをまた言葉に書き起こして最初に戻るまでが一連の流れで、これを反復してインプットを定着させて仕組みを習得できれば検証厨の仲間入りです。

模写のコツとおすすめの練習について美術系としての経験から考える

2017.11.29

メイキング動画で上手い人のプロセスを真似る

これは絵を描く疑似体験だと思っています。

メイキング見る…。

絵を描いた気になる…。

脳を錯覚させる?

上手くなる!?

…。

……。

書籍や講座、メイキングの文字や画像からでも学べるけど、文字と画像と比較した場合で動画から学べる情報量は全然違います。

視覚や聴覚に刺激を与える映像による学習はテキストや画像より定着率が高いらしいです。rakuuma_01

さだぢ
この図はまたあとで出る

 

映像から描き方やテクニック、作業工程やスピード感を見れるのはプロセスや思考を読み取りやすいし、自分と重ねて作業のイメージトレーニングがしやすいです。

俺がやっていたことは主にYoutubeの動画を見たり、海外のGnomonやGumroadといった販売サイト、その他サイトからチュートリアルやメイキング動画を購入して検証厨になってました。

もちろん動画以外にもいい資料は多いのでPintarestやPixiv等でメイキングを探したり、Twitterでイラスト界隈の人達をフォローしてました。

お絵かき講座やメイキング画像が自然にタイムラインに流れてくるのでそういうものが参考になります。

上手い人の絵の描き方や進め方、考え方を模倣するのが誰もが真似できる上手くなる方法だと思います

いやこれは真理、マジで。

大事なことなのでもう一回言う、これは真理。

あ、あくまでも描き方や進め方、思考の話で表面だけパクっても意味ないよ?

【随時更新】絵が上手くなりたかったらメイキング動画見るのがオススメ

2017.05.06

デッサンの描き方やコツが参考になる動画を藝大目指してた俺が厳選!

2017.10.05

海外絵師の厚塗りのメイキング動画を2Dデザイナーが厳選!

2017.09.15

元モデラーが選ぶ3DCGのモデリングが参考になるチュートリアル動画とサイト

2017.12.04

3Dに手を出してみると意外と…

いやね?

これがね?

想像以上に訓練になるんですよ!

俺だけかな?と思って同じように絵を描いてて3Dにても手を出してた人に聞いたら共感されたので間違いないと!

これはモノの成り立ちや3次元の感覚、ロジカルな絵作りを学ぶのに役立ちました。

3Dは立体物や動き、光や陰影といった事象をPCに計算させて作ることできる。

できるけどボタン一つで作れるわけじゃない。

3Dって言っても自動じゃない、普通に人の手で作ってるから。

ハンドメイドよ?

だから普通に絵心とか観察力とか必要よ?

3Dで表現するにあたって例え簡単な小物でもちゃんと作ろうと思ったら絵を描く上では必要のなかった構造や質感といった細部まで観察する必要があります。

物でなく、アニメーションやエフェクトでも同じ。

しかも3Dは集団で共有する作業をするので無駄な作業をしないためにもビジュアルの全体像の設計、画面に必要な作業の取捨選択、といったどういうプロセスを経て絵作りするか考える必要があるので、この意識が培われます。

なので3Dソフトでシュミレーションしたことは画像として出力されるので自分のイメージした通りにシュミレーションさせたことを視覚的に理解しやすくそのまま絵に反映しやすいです。

結果、3Dの経験をすると物を細部まで観察するようになり、ロジック、仕組みで絵作りする意識が身に付き、脳内に小さな3Dのシュミレーション空間が生まれます。

絵を描くのではなくともインプット量と質が増える。

インプットの量と質が上がれば絵は上手くなる。

結果、3Dをやると絵が上手くなる!

絵としてアウトプットする練習は必要だけどね!

実体験を元に未経験から3DCGを独学で覚えて上達する方法を書く

2017.09.11

「描く」以外の武器を持つ

rakuuma_03

これは海外のイラストレーターやコンセプトアーティストを見て思いました。

あれ?

絵を描くって手段が1つだと思ってたけど色んな表現方法があるな…と。

これは習得するしかない。

練習嫌いの名にかけて!!

色んな表現力、武器を持てば幅広い絵、上手い絵を作ることができます。

絵に3Dやフォトバッシュ(写真素材)も併用していて、日本でもイラストに取り入れてる人もいます。

映像とかゲーム業界ではガッツリ使ってると思う。

絵を描ける以外にも3Dソフトの知識やフォトバッシュの引き出し、レタッチやマットペイントといった技術が必要になりますが、絵を描く労力を減らして絵を作ることができるようになる上に表現力が上がります

さだぢ
俺は絵を描くよりこういった作業の方が楽だったので取り入れた

 

正直フォトバッシュや3Dを使ったからといっていきなりいい絵が作れるわけじゃない。(経験済み)

けど多角的にアプローチする意識を持ってれば表現力は豊かになって結果的に絵が上手くなってる人って結構いると思います。

絵を描くのが好きでただ絵を描くのが目的なら必要ないですが、絵を描くのはあくまで手段でしかなくて絵を描くというよりも絵を作るという意識があるならオススメです。

さだぢ
ちなみに下の記事が参考になると思う

3Dやフォトバッシュを使ったCGイラストの描き方講座【ポケモン編】

2017.05.17

3Dを覚えれば2Dイラストの背景絵とかに使えて超便利よ?【ファンタジー編】

2017.06.17

Zbrushを使ったカッコいいキャラ絵の描き方講座【近未来SF編】

2017.07.26

ただひたすらにスルメる

駄菓子のことじゃないよ?

これは単純でスルメの駄菓子と同じように何回もムシャムシャすることです。

つまり動画や検証を反復して行う。

描くのが面倒でもロジック、仕組みで絵作りする場合は有効な訓練です。

一度理解した内容を再現できるようになるまでひたすら反復することは単調ですがかなり効果があります。

反復で「速さ」と「復習による理解の定着」が期待できます。

検証も動画も1回ではイマイチ理解できなかったり遅かったりしても5回、10回、20回と読み取る意識さえ持ってれば反復して見たり考えたりしてれば成果は上がります。(ただし映画やアニメ見ながらの「ながら見」でやった場合100回反復しても無駄なのは経験済み)

さだぢ
惰性や無思考でやっても効果が薄い

 

SNSを利用してモチベーションを作る

これはモチベーションを外から持ってきて、モチベーションを利用して上手くなる方法です。

…反応があったら嬉しいですよね?

褒められたら嬉しいですよね?

俺は嬉しい!)^o^(

承認欲求()とか言って馬鹿にする人がいますが人間の持つ承認欲求のエネルギーは使えます(゚∀゚)

具体的にはTwitterやPixivなどがありますが、ある程度の実力がなきゃスルーされて逆にモチベーションが下がるのでSNSを使いつつ、ニコ生で放送したり、他人に絡んだりしてコミュニティーの中で承認欲求を満たすと心のバランスが取りやすい気がします。

いきなり第三者に評価されることはないので「お互いを褒めあえる小さいコミュニティー」の中で絵を描くモチベーションや描くのが好きという気持ちを大事にできるのかなぁと。

  • 絵を上げる
  • 反応がある
  • 嬉しい
  • また絵を上げる

の繰り返しで絵を描くことに喜びや楽しさを見出せればいい循環になり、さらなる反応を貰い承認欲求を満たすために上手くなりたい、魅力的な絵を描きたいという原動力にもなるし、そこからさらに反応を貰うために売れる絵、需要のある絵を研究する意識も芽生える…かもしれない

なんだかんだで見てくれる人がいる環境って大事だと思います。

さだぢ
全然やってない俺がいうのもアレだけど

RTがほしい?Twitterで多くの人に反応される絵の特徴を考える

2017.07.28

イラストレーターとして人気になるのに「よー清水」さんから学べそうなこと

2017.10.19

拙くても人に絵を教える

rakuuma_01
さだぢ
ここでさっきの図が再び登場

 

自分が学んだことを人に教えた内容っていうのは9割近く記憶として定着するそうです。

人に教えることで自分が理解してない部分や間違ってる部分に気付くことができるし、理解を深めることもできて忘れにくくなる。

俺も忘れないためにも理解を深めるためにも記事を書いてるけど、人に教えるつもりで自分の知識や技術をまとめたりするのは思考の整理にもなるし、自分が知らないと教えられないから調べるし勉強もする、というような感じ。

さだぢ
技術的に拙くても知識が薄くても人にガンガン教えようや!

「厚塗り」の絵が上手くなる?「ライティング塗り」の解説と考え方

2017.05.02

グリザイユ画法で重厚感のある絵を描くコツをゴリゴリの美術系が伝授

2017.10.09

平凡なデザインのクリーチャーを解剖学の視点からリアルで魅力的に描くコツ

2017.10.02

絵を教えてる学校に行くはどうなの?

いや!

全てが面倒臭い!

ってなったら究極学校というか教育機関に行くのが一番です笑

意志力がない、自分一人だと練習しない、って人でも使い方によっては学校は有効です。

王道の方法だけど絵が上手くなった人達の多くは学校で勉強して絵が上手くなってるので一番再現性の高いかも知れないと思って。

ぶっちゃけプータローでもレベルの高い環境に身を置けば自分自身もその環境に引き上げられて確実に上達します。

逃げなければ!

あと学校ならある程度サポートしてくれるし、就職支援もするし、仲間もできるからそういう部分でモチベーションも保ちやすい。

レベルの高いところに行く、やる気のある人が集まってるところに行くっていうのがポイントというか前提だと思っていて、いい環境に身を置けば自然と意識も行動も習慣も伝染して高いレベルに達するまでのマインドが身に付く

さだぢ
俺の場合は予備校がその環境だった

 

ただ注意点があって。

レベルの低いところに行ったら全く効果ないというか無意味だから。

大事だからもう一回言う。

レベルの低いところに行っても!

全く効果ない。

というか無意味だから!

無意味だから!!

無意味だから!

ンゴメーン
何回も言うなww

 

学校を選ぶならちゃんと資料とか集めて体験会とか行って比較しながら自分の目で確かめた方がいいよ。

SNSで生徒が発信してるかもチェックしたほうがいいし、直近2〜3年の間での卒業制作も見て、その学校や環境のレベルは必ず確認したほうがいい。

選ぶ場所さえ間違えなければライオンの群れに紛れたヌーでもライオンになれるから。

イラストレーターって独学が多いけど絵の学校に行く意味を考えてみる

2017.10.24

九州デザイナー学院の学生のレベルの高さの秘密を探るべく取材した話

2018.03.15

まとめ

自分には楽だと思うことが他の人には面倒だと感じたりするので自分にあった方法を探すのがベターですが参考になればと思ってまとめました。

今回は描く以外の要素も合わせて紹介したのですが才能や個性なんてものは関係なくて、上手くなる仕組み、上手い人の仕組みをパクれば成果は出ます。

個人的に絵が上手くなる上で大事だと思うのは「頑張る」と決意することじゃなくて「頑張らない」でもやれる環境、仕組み作りをすることだと思います(´◉◞౪◟◉)

さだぢ
楽するのは悪じゃない

 

おまけ

Twitterで時々考察やTipsを呟いたり、Youtubeにもメイキング動画を投稿してます。

 

▼個別の絵に関する考察やノウハウはこちら▼

合わせて読みたい

実際に120冊以上買った俺が絵の上達オススメしたい本7選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です