ペンタブの「おすすめ」ではなく「選び方」の知恵【初心者対応】

ペンタブの選び方

こんにちは、さだぢです。

仕事で公認イラストレーターとしてポケモンカードなどを描いてるプロのデジタルアーティストで、板タブも液タブも触ってきてペンタブ歴は7年ほど。

そんな立場から選び方を紹介。

ペンタブの選び方

本題に入る前に、この記事を読むと想定してる人の中には「ペンタブってなんぞ?」って人もいると思うので必要な前提知識を軽く紹介。

板タブレットはペンタブ及び板タブ、液晶タブレットは液タブが通称。

ペンタブレット…デジタルで絵を描く道具

  • PCに繋げて板に描くのが「板タブレット」
  • PCに繋げて液晶に直接描けるのが「液晶タブレット」
  • 液晶に直接描けて外に持ち運びが可能なのが「タブレットPC」

現在の主要メーカーも紹介。

ワコムが最大手ですが海外製との差が限りなく縮んでるのが現状。

  • ワコム…国内
  • XP-Pen…海外製
  • HUION…海外製
  • GAOMON…海外製

そして真理として覚えておいて欲しいのが「コスパで悩んだら海外製の最新モデル」「性能で選ぶならワコムの上位モデル」。

では本題。

板タブの場合

正直ググらずともAmazonの検索上位に出てくるモデルならどれを買っても満足な結果は得られます、マジで。

自分で買うために色々調べたり、実際使って比較していく中で出た結論。

ポイントは以下の通り。

  • コスパ重視の5000円以上10000円以下の価格帯はどのメーカーも差は少ない
  • 「筆圧レベル」「傾き検知」等はもはや気にしなくてもいい
  • サイズは10インチが最も使いやすい(10インチ = 250mm = Mサイズ)
  • 検索はAmazonの上位で十分、デメリットも把握しやすい
  • ワコムは「線画にこだわるプロ」以外は恩恵が少ない

【調べ方】

Google検索上位に出てきたサイト情報が古い…というか実際に使ってる人の声が少ない。

Amazonのレビューって信用出来ない問題があるんですが、ペンタブに関しては主要メーカーは片手で収まるくらいの数しかなくて検索上位に変なメーカーは無いしAmazonで直で見た方がより多くの実際に使ってる人のレビューがあるので統計的にもググるより参考材料になる。最近だと商品URLを貼るとやらせやステマといったレビューかどうか見抜けるサクラチェッカーってサイトもあるので気になるのであれば参考に

で、基本的に買われてる商品が検索上位に来るんですが、見るのは★5★4の高評価ではなく★1★2の低評価の方でデメリットを把握した上で自分が許容出来るかどうか判断して買うのがおすすめ。

【コスパで選ぶ】

昔だと確かに国内製、海外製と明確に差はあったものの、今はどのメーカーも最新モデルであれば「筆圧レベル」「傾き検知」等の必要な機能を満たしていて現場でバリバリ働いてるプロでも通用するようなペンタブが買えます。

個人的には5000~7000円程度で買える10インチ前後のペンタブの使い勝手が最もおすすめ。(大半のペンタブはインチ表記ですが他表記もあるので「10インチ = 250mm = Mサイズ 」が基準です、覚えとくと便利)

Lサイズは置く場所を考慮する必要があるし、Sサイズは作業効率がガクッと落ちる。

プロでも紆余曲折してMサイズのペンタブに行き着く人は多い。

ちなみに板タブサイズの選び方の基準についてワコムの公式サイトにも載ってるので参考に。

【性能で選ぶ】

性能で選ぶならワコム。

ワコムの板タブは「安価なモデルの『Intuos』」と「ハイエンドなモデルの『Intuos Pro』」の2種類が出てるんですが「安価なモデル」は全てにおいて海外製の方が上回ってるので推せなくて、「ハイエンドモデル」の方でも正直「プロとして線画を描く」人以外には影響ないレベルですが描き味はいいです。

【おすすめ】

「探す手間が面倒なのでいいから具体的にコスパのいい商品を教えろ」という人に向けて一点だけ紹介。

自分が仕事でも使ってる板タブが海外製の「XP-Pen Deco01 V2」で「筆圧レベル8192」「傾き検知」「ペンの充電不要」等の自分が求める要件を満たしてて今のところ全く問題無いです。(価格帯6000円前後)

元々ワコムの旧上位モデル「Intuos 4 Mサイズ」を使ってたんですが、新しいモデルを色々試した結果海外製に落ち着きました。

ちなみに絵を描く上で液タブ装備で一人前、みたいな印象を持ってる人が多いと思うんですけど実際のところ板タブの方がデジタルである文明の利を生かした武器だと考えてます。

確かに液タブはアナログのような感覚で描けますが、アナログっぽい描き方はバランスが取りにくい、俯瞰で作業しにくい、首や目が疲れやすい等の課題があって最初は使いづらいかもしれないものの慣れればアナログのデメリットを打ち消せる板タブの方が受けられる恩恵が大きいんじゃないかなぁって思ってます。

プロでも板タブ派の人は案外多い。

液タブの場合

液タブには板タブにはない要素を持ってます。

  • 色域カバー率…数値が100%に近いほど色の再現率が高い
  • 応答速度…数値が0に近いほど遅延やラグが少ない
  • 解像度…液晶の画質がHD画質から4K画質まで

ただ、正直この辺の性能はコスパのいい価格帯で選ぶなら十分仕事でも使えるレベルなので気にしなくても大丈夫。

見るポイントは以下の通り。

  • コスパ重視なら性能差の少ない50000円以下の価格帯で予算と相談
  • 「買って使ってる人の個人ブログのレビュー」が参考になる
  • サイズは16インチ以上がいい(※自分の作業環境と要相談)
  • ワコムの上位モデルの液タブは16インチ以上が高性能

【調べ方】

液タブもAmazon検索で十分だと思ってます。

液タブは板タブに比べて安い買い物じゃないのでAmazonレビュー以外の参考材料が欲しいものの、おすすめでググっても結局出てくるモノはAmazon上位に出てくる商品と変わらないので液タブを買うことを検討してるのであればGoogleやTwitterやYouTubeで実際に使ってる人の声を参考にしつつ分からないことがあったら聞く、というスタンスを推します。

気になる商品は「商品名+レビュー」の「人検索」でリアルな使用感を探すイメージで実際に使ってる人の声が一番参考になる。

【コスパで選ぶ】

コスパで選ぶなら基準として5万円以下の最新モデルを自分の出せる予算と合わせて考えると迷わない。

画面に直接描きこむ性質上、作業効率や疲労度のことを考えたら液タブの「大きさ」は重要なので個人的には15.6インチ以上を推したいものの、サイズの指標として「13インチ未満…板タブと同じ扱い」「16インチ…大きな机が必要」「21インチ以上…専用構築をするべき」が分かりやすい

個人的には16インチ以上を選びたい。

【性能で選ぶ】

ワコムの液タブは「安価なモデルの『Cintiq 』」と「ハイエンドなモデルの『Cintiq Pro』」の2種類が出てるんですが「安価なモデル」は板タブ同様に全てにおいて海外製の方が上回ってるので推せないものの「ハイエンドモデル」の方は先ほど気にしなくてもいいと言った「色域カバー率」「応答速度」「解像度」といった性能が16インチを超えると高くなっていて、サイズが大きくなるほど高性能になる。

正直板タブも液タブもコスパのいい価格帯では完全敗北してるものの最上級のハイエンドモデルはワコムにしかないです、そこは強み。

【おすすめ】

液タブは人によって予算感が結構変わるのでここでは予算に合わせた簡単な探し方を紹介。

悩んだときは最新版が指標になるんですが、最新モデルを簡単に探す方法はAmazonに載ってるメーカーのリンクの先から予算に合わせて「新商品」を選ぶだけ。(メーカーによって表記方法は違います)

各メーカーのAmazonリンクを載せたので参考に。

これらを踏まえて各値段帯で選ぶと以下の通り。

【2万円前後】

【3万円前後】

【4万円前後】

まとめ

改めてまとめるとこんな感じ。

【板タブ】

  • コスパ重視なら7000円が基準
  • サイズは10インチ前後が最も使いやすい
  • Amazon上位で調べてデメリットのレビューも見る
  • ワコムは「線画にこだわるプロ」以外は恩恵が少ない

【液タブ】

  • コスパ重視なら50000円以下の価格帯で予算と相談
  • 「買って使ってる人の個人ブログのレビュー」が参考になる
  • サイズは16インチ以上が使いやすい(※自分の作業環境と要相談)
  • 性能で選ぶならワコムの上位モデルの16インチ以上

コスパで悩んだら最新モデル、性能で選ぶならワコムの上位モデル。

参考になれば幸いです。

 

あわせて読みたい

実際に120冊以上買った俺が絵の上達オススメしたい本7選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です