絵が下手で才能がないと悩んでる人は根本的な考え方が間違ってる説

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

絵が上手くなりたい…けど上手くならない…才能がない…って人は我流で描いてないですか?

いや我流とか独学がダメってわけじゃないけどズレてることが多い気がする

実際に我流でやってる初心者と話してて思うのがこのままだと絶対に上手くならないな…」っていう考えの持ち主が多くて、絵が上手くなる人とならない人の違いはこの「考え方」の部分だな…って思ってます。

今でこそ絵の仕事をするようになったんですけど、自分も全く同じだったという…。

絵から遠い人ほど、描かない人ほどこの「考え方」を持ってて、絵が上手くなりたいんだったらこの「考え方」を矯正するのが上達の近道だと思ってるので悩んでる人のヒントになればなぁと。

これは自分が特に初心者のうちに知っておきたかったことかも。

ちなみにどんな作品を作ってるかギャラリーから見れるよ

ギャラリー過去の作品一覧

下手で才能がないけど絵が上手くなりたい人の間違いを矯正するとしたら…

※上の画像は全く絵を描かなかった俺が訓練して上達していった推移

先人に学ばずオリジナル絵から描こうとすること

上手くならない人は「まずはオリジナル」って考え方の気がする。

今の時代って学校に行かなくても直接人に教わらなくても個人でも技術を習得可能だけど「オリジナル」で描くことじゃないし「オリジナル」は0から1を作ることじゃない。

先人から学ぶって言うと「模写」をイメージすると思うけど、模写である必要はない…ただ模写がインプットとアウトプットの訓練になって経験値を取得する際の再現性が高いのは間違いない。

最初は「オリジナル」を描く意識を捨てて、先人の「どうやって描いてるのか」「何を考えてるのか」といった「思考」や「技術」をパクるべき。

そのために一番コスパが良くて再現性があるのが模写ってだけ

そうやって人の技術や思考を真似していった結果生じる「ズレ」や知識、経験が組み合わさて「オリジナリティー」になっていくと思ってて、むしろ何にも影響されずに描く方が引き出しやネタが乏しい分どっかで見たことあるような量産型っぽい絵になるんじゃないかなぁと。

資料を見るのが「ズルい」という感覚

「資料を見る」=「ズルい」っていう感覚。

すごい厄介だけどこの感覚を持ってる人は結構いるっぽい…。

上手い人ほど資料を見るし、なんだったら自分で資料も作るし、足を運んで資料を集める。

資料は絵を描く上で足りない知識や技術を補助するだけじゃなくて上達するのにも不可欠なんだけど…どこでこの感覚が身に付くんだろうって考えると学校で無意識に養われてる気がする。

学校って「テストを暗記して解く」じゃないですか?

これって「資料を見ないで絵を描く」のに近い気がしてて、「資料を見て描く」のは「教科書とか問題集の答えを見ながらテストを解いてるのと同じ」ように思われて、結果「資料を見て描く」のは「ズルい」って感覚になるんじゃないかなぁと…。

むしろ「資料」を使って先人たちの知恵や技術にアクセスできるリテラシーが重要で「何も見ない」「何も参考にしない」方が特殊。

資料集めてる?ラフ描いてる?絵が上手くなりたかったら必須の作業!

2017.08.13

「デジ絵」ならではのツールはガンガン活用していいし、楽してもいい

「資料を見る」のがズルいのと同様に「デジタル絵はアナログと違って楽できる」「楽するのはズルい」って感じる人も一定数いると思います。

この考え方も邪魔…!

例えるなら仕事で業務効率化のためにエクセルで自動化するマクロを組んで成果を出してる人に「ズルい」って言ってるのに近い?

実際に絵で食ってるプロの人は時短するためにツールをカスタマイズするし「効率化」や「省略」といった「楽」するためのテクを使ってる。

例えば映画やゲームで使われるコンセプトアートでは写真素材なんかガンガン使ってるし、ポスターや商品の顔になってるようなキービジュアルの絵が3Dを駆使して描かれてたりする。

絵を描く地力を鍛えるために「ツール」の機能を制限しながら描くのは分かるけど、絵は色んな描き方、進め方、仕上げ方があるし複合的に描いてる人も結構いるので「あ、描き方にルールなんて無いんだ」っていう気持ちを持つのも大事。

もちろんそのまんま丸パクリは事案だけど

3Dやフォトバッシュを使ったCGイラストの描き方講座【ポケモン編】

2017.05.17

3Dを覚えれば2Dイラストの背景絵とかに使えて超便利よ?【ファンタジー編】

2017.06.17

Zbrushを使ったカッコいいキャラ絵の描き方講座【近未来SF編】

2017.07.26

絵を描いた時間や描いた枚数を指標にしても意味がない

「いっぱい描いた!」

…っていうことに満足感を抱いて練習した気になるの分かる。

初心者ほどそう思ってる人多いんじゃないかと思うけど方向性としては違うかも。

「何時間描いた」「何枚描いた」っていう考え方じゃなくて「描けるようになったかどうか」が判断基準として重要

「資料を見る」ことで「知識」としてインプットされ「ツールを使って描く」ことで「技術」としてアウトプットされるんだけど、1回で理解できたり習得できないから結果的に時間や枚数を描くことになるだけで1時間しか練習してなくても描けるなら「上手くなった」と言えるし、1年練習しても描けないなら「練習してないのと同じ」って言える。

極端な例を出したけど1時間で上手くなる人は例外だし、1年練習して上達しないならそもそもやり方が間違ってる可能性が高い。

絵を最後まで描いて完成させたことある?

絵を最後まで描いた事がありますか?

下手な人にありがちな「いっぱい描いた」は数分で描いた「落書き」である場合が多くてほとんど身につかないんですよ…。

自分は本格的に絵の訓練をするようになってから体感で理解出来るようになったんですが、1枚の絵でも本気で描くと数十時間かかる事もあるし、完成まで描こうとすると資料を見ながら悩んだり、なんか違うなぁと修正したりする部分が必ず出てくる。

「完成」まで持っていくと想像以上に時間がかかるけど、そういった「試行錯誤する時間」がすごく大事で上達しない人は最後まで描かず、いわゆる「手グセで描いてる」場合が多い。

先人のワークフローを真似して、資料を見て、完成まで描く。

これを素直に実践するだけで全然違うはず…!

絵は才能だという考え方?

こういった話をすると「でも絵って才能でしょ?」って言われることがある。

確かに絵の才能は存在する…。

けどそれはトップレベル間の話。

学校でいい成績取ったり、いい大学に入るための受験では「成果を出すためにちゃんと勉強したかどうか」っていう共通認識を持ってる人が多いのに、なぜか絵に関しては才能の話に置き換わることが多い…。

初心者の段階で才能とか全く関係なくて、絵って勉強と一緒で再現性があるけど上達しない人はやり方が間違ってたり練習が足りなかったりするだけで努力の方向性さえ間違えなければ誰でも上達できる。

ネットでよく見る絵が下手な人の特徴について

番外編としてこの話題について検索して思ったこと。

その一部で「は?」と思うものがあって…。

下手な人に共通する特徴で「丸を描くのが下手」「記憶力が悪い」「絵をほとんど描いてない」って書いてる記事を見て「内容薄っ!」と思いつつ一つだけ訂正したい。

ぶっちゃけ「丸を描くのが下手かどうか」と「絵が下手かどうか」は関係なくて、現に丸なんか綺麗に描けないし丸の練習もした事ない俺でも絵の仕事してる。

丸はわざわざ練習して描くモノじゃないッ…!心の叫び

まとめ|認識が変われば取り組み方も変わる

下手で才能がないと思ってる人に知って欲しい「考え方」についてまとめました。

  • オリジナルを描く前に先人の「思考」や「技術」をパクるのが先
  • 何もズルくないから絵を描く時は資料は見ろ
  • 絵を描くのにツールもテクスチャも3Dもフォトバッシュも使っていい
  • 描いた枚数や時間に意味はなくて基準にするのは「描けたかどうか」
  • ちゃんと絵を描いたら想像以上に時間はかかる
  • 絵は正しい方向性で訓練すれば誰でも上手くなれる
  • 丸を描くのが下手かどうかそこまで関係ない

自分がなぜ下手なのか認識することが次に進む第一歩。

おまけ

Youtubeに「#相手が10秒で描いたアタリを本気で仕上げる遊び」っていう企画で描いた絵のメイキング動画を投稿してるんですが、丸なんか綺麗に描けなくても全然問題ないことが分かってもらえるはず…!

 

▼絵に関するノウハウや考えはこちら▼

あわせて読みたい

絵が上手くなる方法で「描く練習」以外にあるコツをガチ勢が教える

2 件のコメント

  • 拝見致しました。勝手ながらいくつか質問させていただきます。
     絵を描ける人はインプットした対象を”画像”として頭に保持し記憶しているのでしょうか?またオリジナルの絵を描く際には完成図が”画像”として明確に頭に存在し、それを紙に描くという形で再現しているのですか?
     また、絵は才能じゃないとおっしゃいますが、画力は遺伝子でほぼ決まるというデータも有ります。これについてはどう思われますか。

    • コメントありがとうございます。

      質問に答えますが、俺自身の見解だと思ってもらえれば。

      絵に関しては”画像”として保持して記憶して無いです、全然。
      頭に明確なイメージがあるわけではなく、ぼんやりしたイメージを画面に出力してそこから修正しながら理屈と観察で絵を詰めてます。
      プロの方々も「あぁでも無い…こうでも無い…」って思いながらラフを書いて徐々に詰めて絵を書いてると思いますよ。その過程が見えないから頭に完成図のイメージがあってそれをいきなり出力してるように見えますが。

      遺伝子のデータの真偽については分からないのでコメントのしようが無いです。

      ただ才能に関してはあらゆる分野で存在すると思ってます。それと同時に訓練でもある程度克服可能だと思ってます。
      俺自身、訓練によって上達する環境に身を置いて色んな人を見てきたので大半の場合は才能より訓練の方が大事だと強く思ってますよ。才能の話が出てくるのはトップクラス間の話かと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です