レバテックキャリアの中の人に現役クリエイターが直接話を聞いてみた

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

以前転職活動してた時に転職エージェントを利用してたんですが、俺自身クリエイター職なのでクリエイター向けのサービスを色々試してた中でITやWeb系に強いエンジニア、クリエイター専門の「レバテックキャリアってサービスも使ってました。

で、その時の体験談を記事にしようかと思ったのですが…。

どうせなら自身の体験談と合わせて色々疑問に思ってたことも含めて直接話を聞いてみようと思いダイレクトアタックしてみたところ…

まさかのオッケーが(笑)

ってわけで色々聞いてみたのでよかったら参考にしてください。

ちなみにギャラリーから自分がどんなものを作ってるか見れるよ

ギャラリー過去の作品一覧

レバテックキャリアの中の人に色んな疑問をぶつけてみました

ー取材に応じて頂きありがとうございます。

いえ、こちらこそ取材のお申し入れありがとうございます。

ー実は以前クリエイターとしてレバテックキャリアを使わせてもらったことがあります(笑)他の転職エージェントに比べてヒアリング能力というか聞き取る力が高かったのが印象的だったんですが、その時は転職はせず…。

その節はレバテックキャリアへのご登録ありがとうございました。当時はご転職のお役に立てなかったのですね…。

ーはい(笑)

ただ、もっと話を聞いてみたいと思ったので思いきって連絡させて頂きました!

ありがとうございます。

早速いくつか質問したいのですがよろしいですか?

もちろんです。

その分、今日は出し惜しみなくお話させていただければと思います。

クリエイター専門に見えないですが…

ーレバテックキャリアってエンジニアとクリエイター両方の専門ですよね?

でも正直サイトを見た時に「全体的にエンジニア向けっぽい…」と思いつつもデザイナーやイラストレーターのようなクリエイター向けの求人もあったので一応使ってみたのが正直なところで…ぶっちゃけクリエイターからの利用ってどのくらいの割合であるんですか?

なるほど、そういった印象を抱かれたのですね。

クリエイターの利用は全体の20%程です。

割合でみるとエンジニアが多いものの、クリエイターの転職支援も同じ様に注力してるのでキャリアアドバイザーは、もちろんクリエイターの専門スキル・業界・企業に精通していますよ。

ーなるほど…

転職活動してた時に転職エージェントは併用して使ってたんですが何も分かってない人に当たった時の不信感があって…。

前にレバテックキャリアに相談したときは思ってたより話が通じるなって印象でした。

確かに…転職エージェントが理想の転職のお手伝いをするには、業界や職種への理解の深さが欠かせないと思います。

弊社ではエージェントの専門の高さを維持・向上する取り組みを継続しており、これまでも多くの転職成功の実績がありますので安心してご相談いただきたいですね。

.。o0(自信あるな…)

Web系に強いってことはデザイナー職の転職に強いってこと?

ークリエイターって言ってもだいぶ幅が広いじゃないですか?

中でも多い職種ってなんです?

特にWebサービスに関わりたいクリエイターの方々のご利用が多いですね。

ーなるほど…

Web系が多いってことはデザイナー職やディレクター職が強いってことになると思うんですが例えばイラストレーターの仕事がしたい、とかゲームの仕事がしたい、みたいな相談もおkですか?

はい、もちろんご相談いただけます!

どのような職種があるか、どういったキャリアプランが考えられるかなど、なんでもご相談ください。ご希望や志向性に合った求人も紹介できますよ。

レバテックキャリアの強みというか使うメリットが知りたい

ーあとレバテックキャリア自体がエンジニア寄りな部分があると思うんですがクリエイター職の人がレバテックキャリアを使うメリットはありますか?

もちろんありますよ。

レバテックキャリアはエンジニア職でもクリエイター職でも共通した強みを持っています。

例えば年間3,000回ほど企業に足を運んで人事やプロジェクトマネージャーの方とお話したり、SES事業で得た現場の声を元に、各企業の社風を把握しています。

そういった、弊社だからこそ分かる情報をお伝えすることができます。

ー3000回てすごいですね(笑)

その話を聞く限りだとかなりの頻度で情報交換してると思うんですけど…例えばどんな情報を把握してるんですか?

例えばですと…開発環境はもちろん、選考で重要視されるポイントや、現場で働くプロジェクトマネージャーの人柄、職場の人間関係などですね。

ーなるほど…複数のエージェントを利用した経験から言うと密に情報のやり取りをしてるところは多くなかったような気がします。

ありがとうございます。弊社の特徴といえる部分だと思います。

すいません…あとSES事業ってなんですか?(笑)

失礼しました、SESとはシステム開発等に関する委託契約の一種です。

弊社ではレバテックフリーランスというサービスを展開しており、企業とフリーランスのシステムエンジニアとのマッチングを行っています。いずれの案件も企業への常駐型になるため、エンジニアが実際に契約先の企業でお仕事をして感じたことなどを共有してもらい、その情報をレバテックキャリアでも活用しています。

ーえっと…要は業務委託のことで、常駐フリーランスで会社の中で働いてる人と情報を共有してるってことですか?

はい。

強みについて自信がありそうなので深掘りしてみる

ー転職エージェントって数多くあると思うんですけど…その中でレバテックキャリアが最も自信のある部分、ウリにしてる部分って何ですか? 

先ほどの回答内容と重なってしまいますが…

選考通過率を高くするための企業別対策と、企業の内情をお伝えできることです。

ーなるほど

企業別対策については、技術や業界情報に精通したエージェントが求職者様の強みや志向性を正確に把握して客観的な強みを引き出して企業への推薦を行います。また企業によって評価ポイントは様々ですので職務経歴書の添削や面接対策も企業別に行っています。

ーなんとなく「おぉ…」って感じは伝わるんですが、イメージが湧かなくて…具体的な流れを教えて貰えますか?

添削?面接対策?って感じで…。

職務経歴書の添削については、企業ごとに評価が高いポイントを漏らさず職務経歴書に盛り込むことで選考通過率が高まります。面接対策については、例えばこの企業は二次面接だと部長さんが面接官になってこの質問をされるはず、といった弊社で保有している情報があります。

ーなんか攻略Wikiみたいですね(笑)

ありがとうございます(笑)

こういった情報を面接の前に転職希望者に共有することで、転職理由や志望動機など基本的なことから志望先独自の質問まで、思考をより深めた状態で面接に臨めますし、ご要望いただければ模擬面接を毎回行うことも可能ですよ。

ーそこって個人で対策するのが難しい部分だと思うので相談し甲斐があると思ってます。

ありがとうございます。

企業の内情については前述の通り実際に企業に足を運んで目で見たことを詳細にお伝えすることができますので職場の人間関係や残業、福利厚生といった、面接だと聞きにくいようなことも、弊社にならなんでも聞いてほしいです。

ー聞きにくいことって言うとなんだろう…給与とか?

自分だったら残業の有無とか面接した企業での感想とか教えて欲しいかも。

残業がどのくらいあるのか、というのを面接の場でご自分で質問するのはなかなか難しいですよね…残業の他にも職場の人間関係や福利厚生といったことも、ありのままをお伝えできますよ。

企業からの感想についてですが、面接した企業には毎回フィードバックをもらっていますので、その面接を通過したら次回の選考に活かせますし、もし選考が見送りになってしまったとしても他社の面接を受ける時に役立てられますよ。

ーいいですね。

ありがとうございます。

事前にこういったことを把握していただくことで企業にとっても転職希望者にとってもミスマッチが減らせると思います。

なんか名前の似たサービスがある?

ーそういえばレバテックにはレバテッククリエイターってサービスもありますよね。
 
レバテックキャリアと何が違うんでしょう?

レバテックキャリアはIT・WEB系エンジニア・クリエイターの正社員の転職支援サービスであるのに対し、レバテッククリエイターはIT・Web業界に特化したクリエイター向けの派遣求人・案件提案サービスです。

すでにフリーランスとしてご活躍中の方や、これからフリーランスとして業務委託案件の受注を検討されている方にクリエイターの派遣求人・案件をご紹介しております。

ーなるほど…

レバテックキャリアは「正社員」でレバテッククリエイタは「クリエイター向けの業務委託や派遣求人」って感じなんですね。

はい。

レバテックキャリアを活用できる人を聞いてみた

ーレバテックキャリアはどんな人に使って欲しいですか?

転職を通して実現したいことは人それぞれだと思います。

「キャリアアップしたい」

「年収アップしたい」

「働き方を見直したい」

…など、前向きな思いをお持ちであればどなたでもご利用いただきたいです!

ーじゃあ割と気軽に相談できる感じなんですね。

はい、お気軽にお越しいただきたいです。

ー逆に役に立てないと思う人もいると思うんですけど…そういう人も教えて貰えますか?

お役に立てない、という点ですと…

ご自身のスキルを客観的に把握できていない状態だと、ご提案が難しくなる傾向がありますね。

その場合は多くの転職を支援してきた弊社がご経歴やご相談内容からスキルを客観的に査定し、最適なキャリアプランや戦略的な転職活動の進め方をお伝えしています。

ーえっと…つまり希望が高望みすぎたり将来の見通しが曖昧でモヤっとしてる場合、その人に合ったプランを提案するってことですか?

はい。

ミスマッチを無くすことが転職先で充実感を持って長く働ける条件だと考えています。企業や業界への理解は深いと自負している弊社からの提案でこれまでお考えでなかった新しいキャリアの提案があるかもと、信頼してお耳を傾けていただけると大変嬉しいですね。

ー…提案力も自信あるから信頼してほしい、ってことですか?

はい。

.。o0(自信あるな…)

また、条件面のこだわりが非常に強く、そもそも該当する求人が無いけれど、こだわり条件は譲れないといった場合も弊社ではお役に立てないと思います。

ーあ、これ当時の俺だ…まさにこんな感じでした…。

そのときにはたまたま求人が無かったということかもしれませんので、時間を置いて弊社のHPからこだわり条件で絞って求人検索をしたり、改めて相談にお越しいただくとよいかもしれませんね。

中の人が答えづらいかもしれない質問

ーそれとここまで話を聞いてるとマッチングの精度が高いの伝わるんですが…ほら…紹介する人も失敗とかすると思うんですよ。

今までズレた紹介とかやっちまった案件とかないんですか?

あ、そういったご質問もされるんですね(笑)

ーはい(笑)

そうですね…ズレた、という点では一番最初に求人をご紹介する時点ではあるかもしれません。

もしズレているのであれば、その時点で何がどうズレているのかの認識をすり合わせていきますので、求人への応募以降は極端なズレは無いのではないかと思います。

弊社のこだわりポイントであり、企業からも転職した方からも評価をいただいているのはマッチングの質の高さです。そのためには企業の魅力的な点だけでなく、例えば残業時間など改善の努力をしている点なども正直にお伝えすることで、それらをしっかりご理解いただいた状態での転職が実現しています。

ーつまり一番最初の求人紹介の時点でズレはあるかもしれないけど、応募以降のマッチングの質には自信があるってことですか?

はい。

ーなるほど…

あ、あともう一ついいですか?

実は以前相談した時はキャリアアップじゃ無くて別の職種にしたいって相談だったんですよ…他の転職エージェントは全て対面での面談だったんですが、レバテックキャリアだけはSkype通話でした。

「転職希望」では無く「相談」だったからでしょうか?

当時の状況が不明ですので明確なお答えはできかねます…。

対面やお電話など、カウンセリングの形態は柔軟に対応しておりますよ。

ー時間経ってるし、まぁそうですよね(笑)

ちなみにすぐ転職するわけじゃないけど検討したい、相談したい場合は…?

ご相談ということでしたら無料の個別相談会を行っています。

開催しているのは2018年現在で東京、大阪、愛知、福岡の4エリアで、平日の夜や土曜日にも行っていますので、就業後や休日に余裕を持ってお越しいただけます。転職を考えているけど転職活動に踏み切れないといった方でも安心してご相談いただきたいですね。

ー東京、大阪、愛知、福岡…各地の都市が強い感じですけど。

それ以外ではやってないんですか?

2018年現在ですと相談会というかたちでは3エリアのみですね。

転職支援サービスのエリアとしては関東(一都三県)、関西、福岡ですので、もっと広いエリアをカバーしています。

ーなるほど…

あと昼間働いてる時間は無理なので仕事の後に行けるのって大事ですよね。

はい、お仕事の無い時間帯でリラックスしてお越しいただければと思います。

中の人から最後に一言

ー最後にレバテックキャリアを使うか検討してる人に向けて一言貰えたら幸いです。

転職をご検討中の方であれば、まずは相談だけでも良いのでレバテックキャリアをご利用いただきたいです。

求人紹介だけでなくキャリアプランのアドバイスも行っていますので、ぜひお越しください!

ありがとうございました!

話を聞いてみた感想

クリエイター向けの転職支援は意外とオマケじゃないこと、それと転職したい人と人材が欲しい企業との間でミスマッチが起こらないように力を入れてるっぽい。

そのせいか俺自身は案件を紹介して貰うに至らなかったけど相談し甲斐はあった

レバテックキャリアを実際使って抱いた印象と特徴はブレてないんじゃないかなぁと。

あと個人的な話なんですけど…。

このブログ名が「神絵師だけどニート」ってちょっとふざけた名前なのに応対して取材を受けてくれたのが意外でした(笑)

ただクリエイター系の人変わった人が多かったりするので、そこに理解を示すってこと自体が「あ、ここ話せる…!」みたいな気持ちになりません?

俺だけ?

まとめ

個人的にポイントをまとめてみました。

  • Web系に強いけどそれ以外も大丈夫
  • 企業にすごい足を運んで情報収集してる
  • 現場の詳細な情報を知ってる
  • 選考通過率を上げるノウハウがある
  • 聞きにくいことも聞いてok
  • 無料の個別相談会を休日と平日の夜やってる(東京、大阪、愛知、福岡)
  • 転職に関する相談なら気軽できる

マッチング力が高くてノウハウを結構持ってるっぽいので王道の転職のプロって感じだなぁと思いつつレバテックキャリアがどんな感じなのか気になってる人や転職を検討してる人の参考になったら幸いです。

うまく活用してみてください。

レバテックキャリアはこちら

 

▼クリエイターとしての経験をまとめてるので興味あったらどうぞ!▼

あわせて読みたい

クリエイター向けの転職エージェントを実際に使って比較してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です