3DCG向けのPC選びに悩む人におすすめのシンプルな判断基準の紹介

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

まず大前提として3DCGやPCの知識が無ければ判断をすることができないためおすすめやレビューをググって探してもあんまり意味ないと思ってます。

ググったサイトで紹介されるおすすめは基本的にBTOパソコンショップの公式サイトで紹介してるものと同じで、公式サイトは初心者向けに値段帯別や選び方を載せてるのでそれで充分なんですよね…。

まず用途に合わせて選ぶクリエイター向けのPCが以下の通り。

  • イラスト制作
  • 動画編集
  • 3DCG…等々

そしてそこから段階に合わせて選ぶことになります。

  • 「入門モデル」
  • 「実用モデル」
  • 「プロモデル」

これが公式サイト見れば一発で分かるようになってて…十分だと思いませんか?

今って特別PCの知識が無くても用途さえ決まってればすでに最適化されたPCが選べるし、直接BTOメーカーに問い合わせて予算感や用途を言えば答えてくれます。

じゃあなんでこの記事を書いてるかというとパソコンショップやググったサイトの情報ではイマイチ理解できなかった部分が多くて「3DCG制作に興味あるけどPCのスペックことはよく分からん…」「もっとシンプルにポイントだけ教えてくれ」という風に思った過去の自分と同じように人に向けて役に立てればと思ってまとめてます。

基本はBTO公式サイトのクリエイター向けPCを買えばオッケー、じゃあなんでそれなの?という判断をするための補完だと思ってもらえれば。

なるべく簡単に選ぶ際の基準と気になるポイントをまとめたので良かったら参考にしてください。

BTOパソコンはバラバラのメーカーの部品を組み立てて作る受注生産式のパソコンのことで市販の既製品より性能が高く値段も安くコスパが高いのが特徴。

ちなみにどんな作品を作ってる人が書いてるの?ってのが気になる人はギャラリーから見れるよ

ギャラリー過去の作品一覧

3DCG用のPCを選ぶ際のポイント

気にする要素

PCって色んな要素で構成されてるんですけど、スペックとか性能とか表記されても分からない人向けに見るポイントは以下の3つだけ。

  • CPU
  • メモリ
  • グラフィックボード

性能と値段に直結する部分です。

それぞれ何の役割を分かりやすく言うと以下の通り。

  • CPU…基本性能
  • メモリ…メモリが多いと重い作業や複数の作業を同時にできる
  • グラフィックボード…映像が綺麗に出力され遅延が無くなる

ちなみに3DCGはグラボの性能を必要とするソフトが多数あって、グラボがしょぼいとスムーズに動いてくれないので重要度は高い。

選ぶ基準

3DCGをやる場合ってBlenderとかMayaとかZbrushとか…大体この辺から始めると思うんですが公式サイトに行くと推奨スペックが載ってます。Substance PainterやMariといったツールもあるけど話がややこしくなるので無視

で、各ソフトを踏まえてザックリこの要件をまとめるとこんな感じ。

CPUは「Core i7」を選べば問題ない。

メモリはプロは32GB以上を使ってる人が多いですが、必要になれば替えればいいだけの話なので最初は16GBで十分だと思います。

グラフィックボードはNVIDIAというメーカーの「GeForce」か「Quadro」のどちらかを選ぶことになります。違いとしては「Geforce」が3Dゲーム向けでリアルタイム描写に強く「Quadro」が3D業務向けで値段が高いのが特徴。スペックの高さは「GeForce」で安定性は「Quadro」。昔は安定性の問題で「Quadro」のシェアが多かったみたいですが、動作の問題が無くなってきたこと、リアルタイムの需要が増えたことから「GeForce」が増えてるみたいです。

ちなみにグラボの表記は「GeForce GTX1070Ti」「Quadro P4000」みたいな感じで書かれていて「よく分からん」って思ったら数値が両方ともに1050以下じゃないかどうか見れば大丈夫。ちなみのこの二つ以外のグラボは3DCGには向いてない

で、具体的なスペックで選んでみるとこんな感じ。

  • CPUは「Intel Core i7-8700」
  • メモリは「16GB」
  • グラフィックボードは「GeForce GTX1060 6GB」

…ただこれって結局のところBTOパソコンショップ公式に乗ってる3DCG用のおすすめPCと変わらないんですね…自分にとって最適化したいって人は直接問い合わせるのが一番早い。

メモリとCPUは性能と比例してじわじわ値段が上がり、グラフィックボードは値段が跳ね上がるイメージ。今はもっと安い?

今挙げたのはプロとして問題なく使えるスペックの基準ですが、必要になってからグラボやメモリの性能を上げればいいので最初は13~5万円程度のそこそこ使えるクリエイター向けのPCが買えばいいと思います。

3DCG業界メディアで「CGプロダクション制作環境一斉調査」みたいな記事があるので、ここで書いたポイントと合わせて現場でどんなものが使われてるのか見ると参考になると思います。

用途で考える

そもそも3DCGに興味がある…というレベルの人は全く買う必要がなくて、よほど古いPCじゃなければ家にあるので十分。値段帯のイメージとしては新規購入する場合は13万円前後でいいし、専門学校に通って自主制作もして仕事にもしたいと考えてるレベルなら20万円台のモデルを検討してもいいかなぁと。

「やっぱり物足りない…」と思ってもパーツも後から良いモノに取り換えられるので最初は安くてもいいとは思います。

ここまで読んで「グラボ2種類出てきたけど何を基準に選べば?」と悩むと思います。

「GeForce」「Quadro」の2種類ある中でどちら選べばいいかを以下の3タイプの用途から考えてみる。

  • 総合3DCGツール(maya、3ds max)
  • 3Dペイントツール(Substance Painter、Mari)
  • Zbrush

Maya等の総合3DCGツールを軸に使う場合はグラフィックボードは「GeForce」に、3Dペイントツールも使う場合は「Quadro」に、そしてZbrushのみを使う場合はその他の安いグラボで大丈夫。

BTOパソコン

BTOのパソコンを売ってるショップって色々あると思うですけど、下の2つから選ぶと良いかと。

  • ドスパラ
  • パソコン工房

パソコン工房の場合は用途に合わせて細分化されてるので以下の用途から選べば悩まない。

ただ、パソコン工房は最適化されてるものの、PC全体の値段が高く、分割払いの最低額が2万円弱なので初心者はドスパラの方がおすすめ。

ドスパラの場合だと分割で月々3000円弱から払えるし、まとまった額が出来たら一括払いにも変更できるので結構買いやすいかなぁと。

ちなみに俺は数年前にドスパラで買ったPCを現役で使ってますが問題なく使えてます。

まとめ|シンプルに考える

改めてポイントをまとめるとこんな感じ。

  • CPUは「Core i7」を選ぶ
  • メモリは16GB以上を推奨
  • グラフィックボードは「Quadro」か「Geforce」のどちらか
  • グラフィックボードの数値が1000以上かどうかチェック
  • 総合3DCGツールのみなら「GeForce」
  • 3Dペイントツールも使うなら「Quadro」
  • Zbrushのみなら安いグラボで大丈夫
  • 予算があるなら「パソコン工房icon」コスパで選ぶなら「ドスパラのraytrek-V XH

なんかよく分からない…と思ってもシンプルに整理するとイメージがしやすいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

▼クリエイターとしての経験をまとめてます▼

あわせて読みたい

実体験を元に未経験から3DCGを独学で覚えて上達する方法を書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です