ワコムのペンタブでおすすめは?比較するためにお店で全種試した結果…

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

新しいペンタブ欲しいと思って色々レビュー見てたんですが…。

やっぱり触って確かめたい…!

そういう思いがあって家電量販店ならワコム製のペンタブレット全部試せるやん!ってことでワコム製のペンタブレット・液晶タブレットを比較して「使いやすかった!」「微妙?」っていう両方の目線から製品を紹介するので良かったら参考にしてください。

ちなみにワコムの特設店にも行ってワコムの中の人にも話を聞きました。

2018年3月10日追記 ワコム新商品Wacom Intuos TCTL4100/K0を追加

ちなみに俺自身クリエイターなので普段どんな作品を作ってるかギャラリーから見れるよ

ギャラリー過去の作品一覧

ペンタブレットと液晶タブレットの感触

色々触って確かめたんですが、紹介できるのは数点になるかと。

最初に結論を言うと液晶タブレットのCintiq13HDとMobileStudioProがかなり好感触で、板タブはWacom Intuosが結構いい感じでした。

本格的なペンタブレット「Intuos Pro」

5年くらい前の古いモデルだけど未だに愛用してるのがIntuos 4【Mサイズ】で、そこからだいぶ新しくなった新型モデルのIntuos Pro【Mサイズ】を試したものの、そこまで変化を感じないな…っていうのが正直な感想です。

筆圧が2048から8192になったらしいですが全然手応えに差を感じなかったし、新規で買うならともかく買い替えるレベルではないかなぁ…って感じ。

あとIntuos Proの口コミを見てみたら「ワイヤレスが途切れる、遅延する」「ドライバーの不具合が多い」「ペン先の消耗が激しい」といった不満が多くかなり不評なので購入候補から外れそうだけど、現状だと最上位モデルがこれしかない…。

ちなみにIntuos 4は古いながら未だに現場でも使われてて間違いなくオススメできる良いモデルなんですが、現状だと中古しか出回ってない上に「ペンがない」「ケーブル類がない」「傷や汚れが多い」といった口コミを多く見るので今は推奨できないのが残念なところ…

安価で初心者向け「Intuos Draw」(2018年3月9日から旧モデルになりました)

2018年3月10日追記 こちら旧型モデルで、新型はWacom Intuosになります
旧型なので省略、レビューを見る場合タップ or クリック

ワコムの安価な板タブ「Intuos」シリーズは以下の通りで、付属のソフトが違うだけで本体の性能はほぼ同じ。

  • Intuos Draw
  • Intuos Photo
  • Intuos Art
  • Intuos Comic
  • Intuos 3D

 

これは性能の良いペンタブに慣れてしまったがゆえの感想なんですが…。

安価なペンタブで仕事はキツい!ってのが触った時の感触で、例えるならIntuos Proは実力通りの力を引き出してくれるけどIntuos Drawは謎のハンデを背負って絵を描いてる感覚。

触ってみると全然違うのが分かる。比較すると筆圧感知やペンとモニターの座標認識が結構甘い?

ちょっとデジタルでペンを使って描きたいっていうレベルだったら全然いいと思うんだけど、普通に絵が上手くなりたいと思ってるなら全くオススメできないかも…。

俺の場合だと最初に買ったのが3万円くらいのIntuos 4は未だに現役なので「がっつりやりたい!」って思うなら2〜3万円台のペンタブを基準に選ぶといいかも。ペンタブに関しては安いやつは微妙だけどある程度を超えたらそこまで性能に差を感じることはないので2~3万円を基準にするとハズレはないはず。

ちなみに性能が同じだけど付属ソフトに差があるので、安く絵を描くならCLIP STUDIO PAINT PROの2年分のライセンスが付いてくるIntuos Comicがおすすめ。

コスパの良い新しいIntuos「Wacom Intuos」

【2018年3月10日追記】

こちらのWacom Intuosは「Intuos」シリーズの新作で、写真を撮り損ねたのですがワコムの特設店で試してきました。

来場者限定の替え芯も貰ってきたよ

ほぼ同じ値段で旧作のIntuos DrawシリーズのSサイズと比較するとだいぶ使いやすかったですし、購入特典として描画ソフトもダウンロードできるので導入としては悪くないんじゃないかなぁと…。

旧作の1024と新作の4096の筆圧レベルの差は大きい。

今までワコムの板タブは高い割に…って感じだったんですが、海外製に比べて描画領域が小さくなるけど値段・性能ともに見劣りしない印象で普通に良い商品でした。

あとずっと勘違いしてたのがワコムの板タブの「ワイヤレス接続」と書かれた商品はワイヤレス接続と有線接続の両方で使える

一番バランスが良い液晶タブレット「Cintiq13 HD」

Cintiqシリーズはサイズがいくつかあったんですが、サイズ感、描き心地含めて13HDが一番手が出しやすいです。

俺がいいなぁと思ったのはCintiq 13HD 【2015年モデル】だったんですけど、Amazonと比較したら家電量販店の方が税込み価格で4000円くらいお得?

もしもワコム製の液タブを検討してるならこれがお買い得。自分が欲しい

最新モデルのCintiq Proも触ったんですが、1.5倍くらい高い割に2015年モデルと比較して違いが分からず…そしてCintiqのCintiq 27HDは専用の机を買わなきゃいけないレベルにデカくて買うのは現実的ではないかな…って感じでした(笑)

ワコムで液タブ買うならCintiqの13HDが手頃。

持ち運びができるタブレットpc「MobileStudio Pro 13」

タブレットpcのMobileStudio Pro13は液タブとパソコンが一体型になったモデルで、例えるなら持ち運べるCintiq 13HD。

要はデカいiPadみたいな感じ。

バッテリーの持ちはどうなんだ?ってのが気になるところで調べたら結構問題ありそう…ただ描き心地は文句無いし、サイズ感もCintiqの13HDと同じサイズもあるので良さげ…ではあるものの正直タブレットpc買うならiPad ProとApple Pencilを買いたいし、液タブとして買うならCintic13HDを買いたい(笑)

ただ性能はあらゆるモデルと比較してもトップクラスに良いけど値段が現実的じゃない…。

同じサイズのCintic13HDだったら8万円弱だけどMobileStudio Pro13になった瞬間に3倍以上に跳ね上がる…!(゚Д゚;)

ワコムの特設店で中の人に話を聞いてみた

新しい板タブのWacom Intuosが出たタイミングで特設店が開かれてたので実際に行ってみました。

ペンタブ各種を試しつつ、ワコムの中の人に気になってたことを色々聞いて気になったポイントを一つ。

「今って海外製のペンタブもありますけど、ワコムが勝ってる部分ってどこですか?」って聞いたら「どう違うのか説明するのが難しいけど描き味が違う…」って言われて質問したスタッフが困ってたところに詳しそうな人が来て「ワコム製の商品はON荷重の繊細さが違う」とのこと。

ON荷重は内部情報としてはあるものの、現在の商品のスペックには書かれてない…らしいです。

ON荷重はどの程度の力を入れたら描画できるのかの指標のことでInuos Proの場合で1g程度の力加減(ほぼペンの重み)、Wacom Intuosで5~7g程度で反応する、つまり線画を描く場合は海外製よりワコムの方が向いてる、という海外製との違いを知ることができました。

そこ伝えないの勿体無いないですよ、商品説明に書きましょうよ、って伝えつつ…(笑)

ただ、筆圧が強い人や厚塗り系の人なんかはその差をあまり感じられないっぽいです。

あと傾き感知も海外製にはないモノが多いのでそういった部分が「描き味」の違いに繫がってるのかなぁと。

まとめ

総評をするとワコム製を試してみて値段や性能含めたコスパで選ぶなら液タブは2015年版の「Cintiq13HD」で十分良い感じ、板タブに関しては「Intuos Pro」ではなく「Wacom Intuos」の2つですね。

ちなみに「Wacom Intuos」はサイズはSとMがあるんですがMがおすすめで、というのも線画は描画サイズが大きい方が描きやすく値段でSサイズを選ぶなら海外製の方が安くてコスパの良い板タブがあるので…

「傾き検知」や「ON荷重」が単純な筆圧レベルとは違った繊細な表現に繋がってて、そこが海外製との違いなのでワコム製のペンタブは線画重視する人にはおすすめなのかなぁと。

よかったら参考にしてください。

 

▼海外製のペンタブにも興味があったらどうぞ!▼

あわせて読みたい

海外製の安い液晶タブもペンタブも興味あるんだけどアリか検証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です