【体験レポ】Udemyが独学で学ぶのに一番おすすめな理由を説明したい

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

これはいい…!って思った学習サイトがあったのでシェアしたいと思って記事にしました。

実はこのサイトを見つけたのが「TechAcademy」というオンラインスクールでプログラミングの学習につまづいて他の学習方法、教材を探して偶然見つけたのがキッカケ。

ただ「Udemy」ってサービス聞いたことないけど全て1200円で販売してました。

「え?安い…」

と思って試しに動画を購入して見てみたところ…。

「このサービス使えるやん!」

って思ったのでそう思った理由と実際に購入した動画を紹介します。

説明を飛ばしておすすめの講座だけ見たいって人はコチラおすすめ講座

Udemyが使えると思ったワケ

専門的な濃い内容を分かりやすい動画コンテンツで学べる

ぶっちゃけ俺は勉強があんま好きじゃなくて「いかに楽に習得するか」っていうことに色々と工夫してきたような人間です。

学ばざるを得ない環境に身を置いて「環境」を利用したり、人に聞きまくる「人」を利用するやり方をしたり…。

もちろん他にもあるよ!

その色々やってみた中で俺の中で出た1つの結論が「動画コンテンツで学ぶのは超ラク」だってこと。

で、このUdemyは教材として見やすく編集されてるので学びやすい部類。

rakuuma_01

ラーニングピラミッドっていう学習定着率を表したグラフがあるんですが視聴覚が講義や読書より高い定着率っては動画が座学の中でも優れた学習法なのかな?って思った。

学校の授業で黒板の内容が全然頭に入らないけど時々流すビデオの授業はなんとなく覚えてたりしますよね?

…しない?

その感覚がある人なら動画学習は向いてるぞっ!

特に需要があるIT系の分野に強く値段がお手頃

スキルアップでプログラミングやデザインに興味ある人が多いと思うんだけど…。

どうですか?

もしプログラミングやデザインをガッツリ習得したいなら勧められる。

なぜなら「数十万払ってスクールでプロとして働けるようになるためのスキルをもっとリーズナブルな値段で動画コンテンツで一通り学べるから」です。

Udemyにはツールの使い方を単体で教える動画もあるんですが、俺が中でもオススメしたいのが「Webデザイナーになるために必要なスキル」「プログラミングで実際にハンズオンで実際に作る」といった30時間にも40時間にも及ぶパッケージ化されたコンテンツ。

例えばツール単体を教える動画がPhotoshopだけだとしたら、パッケージ化された動画はWeb知識、Photoshop、Webグラフィックデザイン、HTML、CSS、実践的なコーディングといった内容を体系的にWebデザイナーに必要なスキルを習得できるといった感じ。

これらを内包して動画コンテンツにしたサービスは他にはないと思う。

例えばツールを単体で覚えるなら本やネットで調べてもいけるけど、デザイナーとして必要な要素を揃えていながら習得しやすい動画教材になってるって中々ない。

さだぢ
俺はプログラミングのパッケージ化された動画を買ったよ

 

それらをスクールで学ぼうと思ったら10万はするけど、動画コンテンツなら1/5以下、セール時なら1/10以下の値段で習得できる。

スクールと動画を単純に比較はできないけどそれでも習得のコスパがかなりいい。

情報が整理されパッケージ化されている

さっきも似たようなことを言ったけど特にオススメできるポイントなのでもう一度言いたい。

これらを内包して動画コンテンツにしたサービスは他にはないと思う。

ネットで学習したい内容を探せば要素要素で調べられるんですが、それには情報を探し出すリテラシーや取捨選択能力といった一定のハードルが存在してて、Udemyのいいところは「各分野の専門家による体系的にパッケージ化された内容」を学べるところだと思ってます。

「Udemy」に似たコンテンツに「Schoo」がある

似た動画学習プラットフォームとして「Schoo」があるんですがそちらも受けたので感想を。

月額制で値段安いし見てて面白い動画はいっぱいあるなーってのが第一印象。

「Schoo」は司会をする人がいて、専門家や先生に値する人に生放送で質問を投げながら進行していく双方のコミュニケーションを前提としてて、学習するための教材というより「専門家の特別ゲストをお呼びしましたので話を聞きましょう感」が強い印象。

独学で学ぶにはリアルタイムでの放送は時間を合わせるのがキツいし、録画もあるんですが録画した内容は独学で学ぶために編集された動画ではないのでスピード感や双方のコミュニケーションのログが邪魔で無駄に長く必要のない情報も多い。

テレビのゲストを呼んで話を聞く教育番組を聞いてる感覚。

個人的には「Schoo」は「動画コンテンツだけど教材ではないのでそこから必要な情報を日取捨選択する必要がある」と感じて独学で自分のペースで学ぶには向いてないかなーって思いました。

で!

この2つの似た動画コンテンツがそれぞれどんな人に向いてるかって言うと…。

「Schoo」の特徴として情報が整理されてないけど月額制なので見放題でたくさん動画が見れるし話題の人の話や面白い話も多いので「独学で学習することがメインではではなく総合動画メディア、ニュースサイトやまとめサイトのようなライトな使い方をしたい人」にはSchooの方がオススメ。

逆に「Udemy」は完全に動画教材として動画一つ一つのクオリティが高く編集されてるので作られてる印象なので「体系的にパッケージ化された仕事にできるレベルの動画教材で独学したい人」は「Udemy」の方がオススメ。

評判が気になる人に向けて逆に良くないと思った部分も

セールによって値段が大きく変動する

Udemyを見た第一印象。

うお!安い!

数時間の動画から数十時間に及ぶ動画コンテンツが1200円で売られたことに衝撃を受けました。

安すぎて逆に怪しいレベル。

だってあれじゃないですか…。

本とか買っても1冊でももっと値段しません?

だから怪しい…とか思いつつ興味がある分野だったら試しに買ってみたらコレが大当たり。

なんだけど!

これは初めて訪れた人限定でリーズナブルな値段で提供してて、アクセスしてから数時間(もしくは数日)の一定期間だけ安くなってて、そこから徐々に定価に戻るシステム。

動画によっては安くて3千円くらいから高いので2万円くらいまでの幅があるけど本来はそれが通常価格で今買わなきゃ損する!って露骨に思わせるのがいやらしいわ!笑

なのである程度自分が学びたい分野や内容をイメージした状態でアクセスするとお得だし、値段が定価に戻っても割引率に差はあるもののセールは定期的にやってるので安くなったタイミングでまた買うといいのかなーって思います。

カテゴリーによって英語が多く、学ぶのに躊躇する

トップページで結構プログラミングやデザインと言ったジャンルの内容があって、カテゴリー欄を見ると結構色んな分野の動画があります。

ただ残念なのが分野によっては完全に英語だってこと。

そもそも動画で学ぼうとしてる理由が学習習得コストを少しでも下げて楽したいからなのに専門的な内容を英語で学んで四苦八苦するなんてできない…って思ったのが率直なところ。

Udemyで人気のおすすめ講座

個人で実際に興味があって買った動画のレビューも後述してますが、Udemy内で多くの人に支持されてる動画は客観的にハズレを引かない指標だと思うので特に見られてる動画をまとめました。

特に受講者が多くてベストセラーの動画は間違いなさそう。

あと個人的に気になるものも選びました。

Webデザイン

こちらのコースは全くの未経験の方が、プロのWebデザイナーとして働けるレベルになることを目的としたコースで、WordやインターネットくらいしかPCを使ったことがないという方でもわかりやすいように作られています。

未経験からデザイナーを目指す講座の詳細はこちら

iOSアプリのプログラミング

基礎の基礎からしっかりと学び、例題アプリを作成した後、有名アプリなどを実際に0から一緒に開発しながら一緒にプロになりましょう!(Instagram、スマートニュース、空間AR+SNS、Wunderlist、など) ※macが必要

未経験者からiOSアプリを作る講座の詳細はこちら

Webエンジニア

25 のウェブサイトやモバイルアプリを開発しながらプログラミング( HTML5, WordPress, CSS3, Javascript, Bootstrap 4,PHP, Python, MySQL) を学び、Webエンジニアになろう!

Webエンジニアを目指す講座の詳細はこちら

機械学習の入門

初心者向けの人工知能と機械学習のコースです。プログラミング言語Pythonを使って、機械学習とプログラミングの基礎、必要な数学を勉強しましょう!内容はマスターすることではなく理解するのが目的。

人工知能・機械学習の詳細はこちら

ゲーム開発

このコースはUnreal Engine 4を使って、ゼロからゲームを作ります。 ちょっとかわいい(?)アワード博士があやしい地下遺跡を探索するダンジョンゲームを作りながら ゲーム制作の流れを覚えていきましょう!

ゲーム製作を実際に作って覚える講座はこちら

写真撮影のテクニック

オークション商品を撮る人やWeb広報担当者にオススメの物撮り講座です。セクション1ではコンパクトデジタルカメラを使い、セクション2ではデジタル一眼レフカメラをメインに様々な物を撮影します。小道具を使って被写体を引き立てるテクニックに注目。商品撮影以外にインスタ映えにも使えそうなテクニック。

商材写真に使える撮影テクニック講座の詳細はこちら

動画編集

難しい専門知識や特別な設備は不要。パソコンがなくても、iPhoneやiPadのiMovieだけで簡単に動画編集が可能に!写真だけでもOK!プロモーション動画や映画予告編のような動画が簡単に作れるようになります。

iMovieで動画編集を覚える講座の詳細はこちら

Udemyの説明に戻る

実際に買ってみた動画

ちなみに「Udemy」で実際に買った動画。

【1日完結】ぶ厚い書籍で挫折したあなたにも分かる!超入門iPhoneアプリ開発

これはプログラミングにつまったときに試しに買ってみた動画なんですが、内容自体はプログラミングの導入っぽい感じなんですが苦手意識を取り除くのに役立ちました

未経験者が有名アプリ開発者になるiOS 10の全て 20個以上アプリをつくりプロになる

で、最初に買った動画を見て「Udemy」は使えるぞと思って2つ目に買った動画。

この動画はハンズオンで色んな事例を紹介して手を動かして理解するというタイプの動画なんですが、とにかく量が多く時間にして40時間超えで専門書数冊分くらいの内容がこの値段でいいのだろうか…って正直思います。

未経験からプロのWebデザイナーとして働けることがゴールの完全マスターコース

興味本位で買ったのがコレで3つ目の購入動画。

これが今まで例に上げてた「パッケージ化」された動画の象徴と言ってもいい内容でWeb知識、Photoshop、Webグラフィックデザイン、HTML、CSS、実践的なコーディングがこの動画で一通り体系的に学べる内容でした。

これだけクリティカルな動画は他にないだろうっていうレベルで正直ネット上にあるコンテンツの中でWebデザインを一通り習得しようとした時に一番コスパが高いんじゃないかな…。

最後に|しばらく使ってみた印象

プログラミングとWebデザインに力が入ってる印象。

あと正直セールが安すぎて定価では買えない…(笑)

定期的に割引があるし密度のある動画コンテンツを定価で買うのはちょっと気が引けるけどセールで1000円代になってる時は買い時。あと認知されてるせいなのか最安セール時の値段が若干上がってるので気になる講座があったら早めに買ったほうが良さそう。

で、単発の動画も長時間に及ぶ動画も買ってみた感想として個人的に「Udemy」を有効に活用するなら単発動画より何十時間っていう内容の「パッケージ化」された動画がクオリティーが高のでオススメ。

正直単発でツール覚えるだけだったら本とか「Schoo」とかネットで調べた知識でもいけそうだけど、動画は学習習得コストが低いので万人にオススメできる学習方法なのは間違いない。

コスパ良く体系的にスキル習得したいって人には「Udemy」を特にオススメできるし、その場合は「パッケージ化」された動画を勧めたい。

よかったら参考にしてください。

先ほど紹介したおすすめ講座にに戻る

▼デザイン学習したレビューもよかったらどうぞ!▼

あわせて読みたい

Webデザインを独学で学ぶならコスパ最高のUdemyが超おすすめ

オンラインスクールでデザインの勉強した感想【体験レポ】デザイナーがTechAcademyでUIUXデザインを学んだ結果…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です