【デザイン重視】新型MacBookProでおすすめのアクセサリー|コスパのいい周辺機器と合わせて紹介

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

タッチバーモデルが登場した2016年以降の新型MacBookProから接続端子が「USB-C」という新しいものに変わりました。

ただ、ほとんどの物が対応してないという…。

現状のままだと不便なことが多いので必然的にアクセサリーを買うことになるんですが、中には「買ってみたけど微妙だったもの」や「やっぱり違うのが欲しいなぁ」と悶々することがあって、改めて調べ直した内容や購入した時の経験をシェアしたいと思って書きました。

ただ人によって予算感や求めるものは違うと思います。

なので「スマートでシンプルなApple製品らしさを損なわないデザイン性」を基準に「コスパ」や「汎用性」のあるアクセサリーも合わせて選んで紹介するのでよかったら参考にしてください。

新型MacBookProを購入したら必須で買う必要のあるアクセサリー

USB-Cに対応した「変換アダプター」「ハブ」

新型のMacBook、MacBookProは機能が一新されて従来のUSB、SDカード、HDMIの端子が無くなり「USB-C」という端子に統一されました。

特徴としては、

  • 上下がない
  • 充電及び「USB」「SDカード」「HDMI」のデータ通信を「USB-C」のみで対応可能

この新しい端子「USB-C」のケーブルが一本あれば充電もデータ通信にも対応できるコンパクトな優れモノらしいですが、対応してる製品が少なきゃ意味ないというのが本音…。

というわけで「USB、SD、MicroSD、HDMIそれぞれに変換」するためのアダプターやハブが必要になります。

doedoeflu USB-C ハブ」はMacBookProと一体型のデザインのアダプターです。

基本的に必要な「USB」「USB-C」「SDカード」「microSD」の接続口が備わってるし、無駄なケーブルが無いのでかさばらない上に小さくて軽く、持ち運び用のミニポーチも付属してるので使い勝手はいいです。

本体に装着するシェルタイプのカバーと併用できないですが、本体との一体感やデザインを大事にしたいと思ってる人にオススメ。

値段を抑えて便利さを損なわないコスパのいい商品を選ぶなら「NOVOO USB-C ハブ」がオススメで、ケーブルタイプで接続口が少ないですが、無駄がないので値段が安くHDMIにも対応してます。

本体につけるタイプのシェルカバーを利用する場合は一体型の変換アダプタじゃなくてこちらのケーブルタイプを選択。

従来のUSBだけ繋がれば十分という人には「Rankie USB-C アダプタ」がいいです。

機能がUSB変換だけなので値段も安く2個入りなのでおトクです。

保護フィルム

ノートPCは画面が汚れやすいので手入れが必要ですが、傷から守ったりするだけではなく保護フィルムによって反射を抑えるノングレアやブルーライトカットもできるのでこだわっていい場所だと思います。

なので保護フィルムは必須。

15インチか13インチ、新型か旧型か選べるので間違えないように!  

アンチグレアは画面が少しくすむという特徴があるんですが、CRYSTAL VIEW 」は値段は高めではあるもののアンチグレアでマットでありつつも画面の「綺麗さ」「見やすさ」を損なわないかなり品質の良い保護フィルムです。

反射によるちょっとしたストレスの積み重ねがパフォーマンスにも繋がるし、長い時間画面と向き合う場合は多少高くても性能のいいものを使った方がいいかなと個人的には思います。

ちなみに都内であれば無料貼り付けサービスをやってます。

アンチグレアだけじゃなくてブルーライトカットにも対応した「極上」はバランスがよく、いいとこ取りした汎用性のあるフィルムがほしいならコレがおすすめ。

ただしアンチグレア性能は甘め。

ノートPC用の「カバー」「ケース」

Macユーザーは見た目のデザインも大事してそのまま使いたい人も多いと思いますが、カバーを装着するタイプから本体に貼るシールタイプと様々あるので自分の使いたいイメージに合わせて選んでみてください。

15インチか13インチ、新型か旧型か選べるので間違えないように!

wraplus スキンシール」はMacのデザイン性を損なうから装着するタイプのカバーは嫌だけど傷は付けたくない人にオススメです。

シールタイプなので傷からは守ってくれる上に柄や色のバリエーションが豊富なので自分好みにできて、本体の厚み感を維持したままオシャレな仕上がりにできます。

持ち運ぶ機会が多い場合は「Ephram インナーケース」と合わせて使うと完璧。

とりあえず保護できて安く済ませたい人はIVSO カバー」がオススメです。

装着するタイプなので厚みが増しますが持ち運ぶ際にインナーケースに入れる必要もなく値段も安いし、マットな肌触りも悪くないので保護するだけならコスパのいい商品だと思います。

ただし一体型の変換アダプタはつけられないので注意。

Ephram インナーケース」は装着するタイプのカバーを付けない場合は必要だと思ってて、値段もお手頃で小物を入れるポケットもついてるので道具一式を持ち運ぶ際に便利です。

細かな傷を付けないために「wraplus スキンシール」とセットで使用がオススメ。

あわせて読みたい

【おしゃれ重視】MacbookProにおすすめのケースをデザイナーが厳選

キーボードカバー

ノートPCのキーボードはデスクトップのと違って替えが効かないので、ホコリやゴミ等で不具合を起こさずに長く使うためにもキーボードカバーは必要ですが、用途を考えるとコスパ重視で選ぶと良いかと。

英字配列か日本語配列か、タッチバーの有無で選べるので間違えないように!

 

 

キーボードカバーは特別すすめられるモノはないですが、透明にすると汚れや素材の劣化がだいぶ気になるので黒がオススメで、剥がれにくい上にキーボードの打音を抑えることもできて、水を弾き水洗いも可能なモノを選ぶと良いです。


MS factory」キーボードカカバーと本体装着のカバーがセットになってて、色が豊富で一体感のあるビビットな仕上がりにしたかったらぜひ。

必須ではないけどあったら便利な周辺機器

「作業用」のスタンド

MacBookProを綺麗に収納したり作業しやすくするならスタンドが便利で、見た目が美しいシンプルなデザインから多機能なモノまであります。

本体に吸着させて使うスタンドで、小さくコンパクトなのでそのまま持ち運びもできて使いやすい。

作業用に少し角度がついてるスタンドがあると作業のしやすさが違くて、疲労軽減になるのでノートPCで作業する時間が多い人にはオススメのアイテム。

「収納用」のスタンド

収納スタンドがあれば少ないスペースを有効活用できるだけじゃなくてインテリアとしても使えるので、木製か金属製かは置きたい場所の外観に合わせて好みで選ぶといいと思います。

大容量のモバイルバッテリー

外での稼働時間を増やすためにモバイルバッテリーが必要ですがAnker PowerCore+ 20100は大容量のモバイルバッテリーでフル充電であればMacBook1回分の満タン充電が可能で、従来のUSBに加え新しい接続端子の「USB-C」に対応してます

ちなみに他のiPhoneやiPadと最大3台まで同時に充電が可能で、iPhone6だと7回以上充電が可能。

変換ケーブル

「USB-C」から「USB」に変換するケーブルなんですが、耐久性が高い上に転送速度が早く高速充電やデータ通信が可能です。

まとめ

Mac製品を使う上でオシャレにまとめたい人も多いと思いますのでアクセサリーや周辺機器を選ぶ際の参考にしてください。

 

▼ノートPCに合うオシャレなバッグ興味あったらどうぞ!▼

あわせて読みたい

PCリュックおすすめ5選!おしゃれな海外ブランドから安いバッグまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です