【定期更新】読書初心者の俺がKindleで買ってよかったオススメの本

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

俺は資料本とか技術書とかは結構買ってたりして持ってます。

ただ、いわゆる読書みたいなことはあんまりしてなくて情報はネットメディアやSNSで収集してて…。

そこからアマゾンプライムの会員になってから無料で本を読むためにFireタブレットを買ってからちょくちょく本を読むようになり、気付いたら本をまとめて購入することが増えてました。

ンゴメーン
これがAmazonの策略か?!

 

で、本を読むのが習慣がなかった俺でも小難しい内容ではなく読みやすかった、その中から印象に残って何度も読んだ本や新しい価値観を与えてくれた面白かった本など人にオススメできる本を選びました!

全然本とか読んでないつもりだったけどそれでも100冊くらいはライブラリにあったよ

今まで買ってよかった人にオススメできる本

読書を投資に変えるコツを知りたいなら入門書としてオススメ

この本は本を読む時の意識を変えてくれた本で、今まで本を読まなかった理由が「時間がない」「読むのが面倒臭い」みたいな理由だったけど本を読むメリットや目的を明確にすることで読まない部分があっても全然構わないんだと教えてくれた一冊。

具体的な本の読み方、情報の取捨選択のコツが書いてます。

有名すぎて紹介するまでもないかもしれない心理学の本

この本は「え?そんな考え方もあるの?」という今まで自分になかった価値観を与えてくれた心理学の本で、よく見る心理学とは違った内容になってる。

自分や他人との向き合い方に悩んでる人に読んでほしい。

違う価値観や考えに触れたい人にもオススメよ

自分の持ってる能力での戦い方、戦略について学びのあった一冊

これはKindleにはないんですが、俺が昔買って印象に残っていて何度も読んだ本です。

島田紳助は芸能界から追放された形でメディアには出なくなった人ですが間違いなく芸能界のトップにいた人で、笑いの才能ではなく戦略でトップに登りつめたんだとわかる実践した内容と分析、思考が散りばめられた一冊。一切そういった用語は出てこないですが、改めて読むとマーケティングの実践本じゃないかと思いました。

自分の戦い方を考え、知るのに役立つことが書いてます。

メンタリストによるセールスライティングの本

これは文章を書く際の意識が変わりました。文章を書く時って目的があって書くと思うんだけど、それが正確な文章であったり綺麗な文章である意味はないよね?目的と関係ないよね?ハッとさせられた内容。

相手に行動を促す文章を書くコツが書いてます。

本がすり減るくらい読んだマーケティングのバイブル

マーケティングっていう難しい題材をすごく分かりやすく説明していて、今まで持ってなかった視点を持たせてくれた一冊でモノの価値に対する考え方やその感覚の養い方について学びの多かった本。

物事を多角的に見る視点が欲しかったらぜひ。

自分の頭で考えるとは何かを教えてくれた本

今まで俺が思考だと思っていたことが実は思考じゃなくて過去の知識を引き出してるに過ぎず、客観的に考えてるようで実は主観に溢れていたということを理解させてくれた本。「知識」が「思考」を邪魔するなんて考えもしなかった…。

思考を身に付けるのに必要な技術が書いてあります。

さいごに

他にもいい本はあったんですが、普段本をそんな読まない人でも読みやすくて自分の糧になる良本を選んだつもりです。

気になる本があったら読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です