Fireタブレット比較!満足度でおすすめするならFire HD 8一択

こんにちは、さだぢ(@sadaji_art)です!

Amazonは自社製品で「Fire」というシリーズのタブレットを出してます。

  • 「Fire7」
  • 「FireHD 8」
  • 「FireHD 10」

の3種類があり、かなり安い値段で販売されてますが、普通のタブレットと同様の感覚で使うというよりも「動画」「読書」等の娯楽用に作られたタブレットという認識が一番しっくり来ます。

安いってことは何か機能を削ってたりするってことだよね?

絶対何か抜けてるよね?

どうなの?

だから気になるんですよ…。

何ができるのか、逆に何ができないのか…タブレットによる違いは何があるのか。

とか思いつつ気になって最初に一番安い「Fire7」を購入してみました。

その後にFire7を使ってみてもう少し使い勝手を良くなればなぁ…と思いFireHD8を購入。

実際に「Fire」シリーズのタブレットを使ってみた使用感と用途ごとにどのモデルがオススメ考えながら比較したのでよかったら参考にしてください。

AmazonのFireタブレットでできないこと

俺の場合はiPadを持ってるので「タブレットができること」をある程度は肌感覚で分かってるつもり…なのでそれを踏まえて「できないこと」を書きました。

特定のアプリを使えない

Fireタブレットは独自のOSを使ってて「Apple Store」も「Google Play」も入っておらずAmazon独自のストアからアプリをダウンロードすることになる。

独自のストアからのダウンロードでどうなるのかというと、特定のアプリが使えない。

例を挙げると…

  • line
  • Youtube
  • Gmail
  • Chrome

「line」アプリが使えないくてもスマホで使用するから十分問題ないんだけど、個人的に一番痛いと思ったのが娯楽用のタブレットでありながら「Youtube」アプリが使えない点…!

基本的にgoogle系のアプリが使えないです。

なのでYoutubeの他に「Gmail」「Google Chrome」なんかも使えない。

この「Google」系のアプリが使えないのがFireタブレットで一番不便だと思ってるところ。

ネットに繋げばYoutubeをサイトとして視聴することは可能です。

この他にもアプリがちょいちょい抜けてる印象。

GPS機能がない

あとGPS機能もないっぽい。

GPSに関してはタブレットで使わないか機能なので全然気にならないかなぁというポイントですが、Wi-Fiから位置情報を取得することは可能です。

音声検索がない

音声入力機能がないので人によっては不便かも。

実は知り合いにプレゼントしようとしたんですが、その人は高齢でガジェットが苦手なので音声検索を重宝してて、音声検索ができないならいらないと言われたので高齢者へのプレゼントには向いてないかも。

ただしマイクは付いてるので「音声入力」は出来る。

Fireタブレットで「できないこと」はこんな感じかな。

Fireダブレットで「できないこと」

  • 特定のアプリが使えない
  • GPS機能がない
  • 音声検索ができない

Fireタブレットで「できること」

特定の動画アプリに対応

先ほど挙げたYoutubeは見れないですが、Fireタブレットは娯楽端末なので「Amazonプライムビデオ」「Hulu」「Netflix」の動画のアプリをダウンロードして視聴可能。

一部の動画配信サービスはFireタブレットに動画をダウンロードして外でも見れます。

なので通信量とかWi-Fiを気にせずに電車や外出先で暇つぶしにも使える。

個人的におすすめの海外ドラマと動画配信サービスの選び方をまとめてるので興味あったらどうぞ!

あわせて読みたい

徹夜するレベルに面白いおすすめ海外ドラマ8作品を紹介!

メジャーなアプリは対応

先ほど挙げたlineやGoogle系の一部アプリは使えないですが、メジャーなアプリの多くは使えます。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagarm
  • Skype

音声検索はできないけどマイクがついてて音声入力はできるのでSkypeで通話はできます。

ゲームも多数対応

ゲームは検索してみると出てこないゲームもありますが、遊べるゲームも結構多くてモンストやパズドラみたいなメジャーなゲームも取り揃えてます。

ネットサーフィンできる

Chromeは使えないですが、ネットに繋げるアプリは入ってるので普通に調べ物もできます。

写真や動画が撮れる

fireタブレットにはカメラが付いてて、思ってるより画質も悪くない。

本が読める

Kindleで購入した本が読めて、購入したら自動的に同期されるので便利。

本が毎月1冊無料で読める

amazonの「Fireタブレット」「Kindle電子書籍リーダー」のどちらの端末もなんですが、プライム会員に加入していれば毎月無料で一冊が読めます。

これは端末を持ってる人限定の「Kindleオーナーライブラリ」というサービス。

2017年10月4日から「Kindleオーナーライブラリ」とは別に、いつでも本が無料で読める「Prime Reading」が追加されました。

あわせて読みたい

Prime ReadingとKindleオーナーライブラリを比べた感想とおすすめ本

Fireダブレットで「できること」

  • アプリを使って動画視聴できる
  • 動画をダウンロードして外でも見れる
  • ゲームのアプリで遊べる
  • ネットを使って検索ができる
  • 一部アプリを使えば通話できる
  • 読書ができる
  • プライム会員なら毎月1冊無料で本が読める
  • 画質もそこそこの写真、動画も撮れる
2017年10月4日から制限なく本を読めるサービスも追加

Fire7タブレットを半年使ってみての感想

Fire7は絶妙に不満?

買った最初からAmazonアカウントと連動してるので初期設定とか必要ないのが楽。

端末を持ってる人限定の無料で本が読めるサービスを使うために一番安い「Fire7」を買ってみたんだけど、今は買ったKindle本やアマゾンプライムビデオとNetflixを見る専用の端末になってる。

家で動画や本をあらかじめダウンロードして外で見る、っていうのが今の使い方かな。

動画を見るなら最安モデルだと画質とか音質が結構微妙でもう少し画面と音質が良くなるといいなぁって思うし、画面もスマホより少し大きい程度だからサイズももう少し大きいのがいい。

特に音質がよくない。

外だと結構反射が気になるので反射をマットにするフィルムがほしいし、見やすく立てかけられる保護カバーを付けたい気もするんだけど最安モデルを買ってしまったが故に「性能が良くない最安モデルにオプションつけたら最安で買う意味なくね?」って躊躇したのが正直な感想。

Fire8HDから画質、音質がそもそも別物になってるっぽいのでこの辺のやり方が上手いなぁと(笑)

次買うなら最安モデルじゃなくて画質と音質も向上してるFireHD8だわ。

Fire7を使用した後にFireHD8を購入した感想

FireHD8と反射防止保護シール、カバーも合わせて購入

左がカバーと反射防止保護シール付きFireHD8、右がFire7タブレット

Fire7に若干不満があってFireHD8を買ったけど満足度は高い!

単純に電池の持ち、音、画質とか性能がよくなってFire7より使い勝手がよくなった感じだけど画面が大きくなっただけでも操作しやすいし動画も楽しめるなーってのが正直な感想。

高価なスマホみたいな作りしてないからサイズ感がそのまま使いやすさに直結してる印象

タブレットそのままだと顔が画面に思いっきり反射してたけど、反射防止の保護シールを貼ったらぼんやり顔っぽいものが見えるくらいに反射しなくなってるし、スワイプしたときの操作性が何も貼ってないときより指触りがいい。

カバーも縦置きも横置きも対応してて思ってたより使いやすいかも。

Fireタブレットを用途ごとにおすすめするなら…

性能の比較表が見たいならクリックorタップ
モデルFire 7Fire HD 8Fire HD 10
画面サイズ7インチ8インチ HD10.1インチ HD
解像度1024 x 600 (171 ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)
オーディオモノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ8/16GB16/32GB32/64GB
カメラフロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
フロントカメラ
+2メガピクセルリアカメラ
バッテリー8時間12時間10時間
本体サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm262 x 159 x 9.8mm
重量295g369g500g

本を読むだけ、たまに使う予備端末ぐらいなら「Fire7」

Fire7は微妙に惜しいなぁってポイントが多いので、最安で一応使えればいいやって人向けかも。

たまに使う人、本を読む程度に使う人はこれで全然問題ないと思う。

一番使い勝手が良く満足度が高いのは「FireHD8」

俺の場合は動画をダウンロードするんだけど「あれもこれも!」って選んで一度に入れると8GBだと足りなくなるけど16GBあれば外で見る分のストックは結構持つ。あと漫画とかも読むなら結構入れられる

あとバッテリーの稼働時間も長いのが嬉しいよね。

画質と音質はFireHD 8から良くなって稼働時間も一番長いし、持ち歩く分にも丁度いいサイズ感。

ってことを考えると外で動画見たり本読んだりするのにFireHD8が一番使い勝手がいいんじゃないかなと。

ちなみに家でも映画やドラマを見るときに思ってたより使ってる

タブレットを持ってなくて大きい画面で動画を見たい人は「FireHD10」

タブレットを持ってない人はFireHD10がいいんじゃないかなぁと。

iPadAir2を持ってるけど大体サイズが同じくらいなので動画を見る上での満足感は十分。

FireHD10から操作感につながる性能も上がってる。

ただ持ち運ぶのに少しデカいかも。

FireタブレットはWi-Fiだし、外では特定の場所じゃないとネットには繋げないことも考えると、家でゴロゴロしながらネットしたりオンラインで動画見たりするのに向いてるかも。

Fireタブレットをお得に買う方法

アマゾンプライム会員になると「Fireタブレット」と「Kindle電子書籍リーダー」は4000円引きで購入可能。

ちなみに最安モデルだと4980円

アマゾンプライム会員の年会費が3900円なのでタブレットを4000円引きで買ったら元は取れる。

このタブレットは基本的に割引も受けられてプライムビデオも見れる「アマゾンプライム会員」が一番お得に使えると思う。

端末だけ買うために入るのもアリかもね

Amazonプライム会員って使わないサービスがあってもメリットある?

2017.09.13

まとめ

俺は最初にFire7を買ったけどちょっと不満でその後にFireHD8を買ったんですが、画質、音質、等がよくなったんですがそれ以上に個人的にタブレット本体よりもカバーや保護シールの有無で使い勝手や満足感が大きく変わります。

なのでおすすめのタブレットはFireHD8ではあるんですが、それ以上にカバーと反射防止の保護フィルムが思ってたよりも使い勝手や満足感に影響したのでタブレット本体よりも付属品を検討してほしいなと個人的には思いました。

 

▼他のレビューも興味があったらどうぞ!▼

あわせて読みたい

【2017年】Amazonで買ってよかったオススメできるものまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です